2017/03/29

4/9(SUN) SOI48 VOL.22 TRIP TO ISAN RELEASE PARTY @新宿 BE-WAVE






Soi48 Vol.22はSoi48が執筆した書籍『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN』のリリース・パーティー。つまりオープンからラストまでタイ・イサーン音楽のみプレイされる、Soi48パーティーの原点とも言える内容に。モーラム、ルークトゥン、タルン、レー・・・様々なタイ音楽をみんなで聞いて、踊って楽しみましょう。そして出版記念に駆けつけてくれたのは日本唯一のピン・プラユック・バンドMonaural mini-Plug。映画『バンコクナイツ』の出家シーンで話題沸騰の電気ピンですが、その構造と演奏方法を本場タイで修行してきた若者バンドが、このMonaural mini-Plug。ストイックなまでに現地のピン・プラユックをそのまま日本にもちこんでいる彼らのサウンドはまさにイサーンそのもの。生で体験する価値ありです!4月8日発売のSoi48が執筆した書籍『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN』を会場で購入、もしくは持参の方はエントランス・フリー!!ご来場お待ちしております。

SOI48 VOL.22 TRIP TO ISAN RELEASE PARTY
4月9日(日) 新宿 BE-WAVE B1F
OPEN : 18:00-24:00

エントランス :
1,000YEN

★★★4月8日発売のSoi48が執筆した書籍『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN』を会場で購入、もしくは持参の方はエントランス・フリー!!★★★

※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

■SPECIAL LIVE
Monaural mini-Plug
https://monaural-mini-plug.jimdo.com

タイの人気ピン奏者テック・ラムプルーンから学んだ日本唯一のピン・プラユック・バンド。電気ピン奏者、真保信得とパーカッション冨樫央を中心に4人で作り出すグルーブはまさに現地そのもの。都内の公園、路上、ライブハウスで活動中。



■DJ
KOICHI TSUTAKI
MOODYAMA(俚謡山脈)
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY
MANABU IGARASHI

Soi48 (KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)

2017/03/28

宝島社のムック『魅惑のバンコク』に音楽記事を書きました。




宝島社のムック『魅惑のバンコク』特集に記事を書きました。Soi48は「バンコクで鳴る音」を担当。現在バンコクで流行している最先端のバンドから定番音楽まで紹介しています。是非色々なタイプのタイ音楽に触れてみてください。

(以下公式インフォ転載)

魅惑のバンコク (TJMOOK) 
宝島社
価格:本体900円+税
判型:A4変型
ページ数:125P
ISBN:978-4-8002-6977-5
雑誌:66570-13

BANGKOK疾走青春譚
そうだもう一度、バンコク行こう。

あの頃のバンコクへタイムスリップ
わたしの好きなバンコク
タイは、若くなくても行け
カオサン通り今昔物語

タイ料理1週間レシピ
バンコクでしたいこと!
屋台料理/マッサージ/エビ三昧
寺めぐり/夕陽でチルアウト
夜遊び&Bar/極楽ホテル

世界中の旅行者から人気が高い都市バンコクの魅力を一冊にまとめました。日本人を惹きつけるバンコクの魅力をたっぷりご紹介します。

宝島社HP
http://tkj.jp/book/?cd=12782301

AMAZON
https://www.amazon.co.jp/dp/4800269776/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1490658218&sr=1-1&keywords=魅惑のバンコク

2017/03/27

3/31(FRI) NHK Eテレ 午後10時00分~午後10時44分『2020 TOKYO みんなの応援計画』にSoi48が出演します。

Soi48がNHK Eテレ『2020 TOKYO みんなの応援計画』に出演します。日本に出稼ぎに来ているイサーン人コックさんや、在住歴20年以上の日本とタイ経済のパイプ役まで、カラオケスナックから語学学校まで直撃取材してきました。是非チェックしてみてください。


(以下公式インフォ転載)

『2020 TOKYO みんなの応援計画』
3月31日(金)午後10時00分~午後10時44分

「応援計画1」
タイの“モーラム”でみんな仲良く!
とある渋谷のライブハウス。若者が熱狂するのはタイ東北部の音楽・モーラム。高木紳介さん(37)と宇都木景一さん(37)2人のDJは旅行で訪れたタイで老若男女が踊り狂うモーラムに魅せられ、日本に広めようと決意、様々な活動を行ってきた。さらに、タイ人コミュニティーの取材をしてみると、日本で疎外感を感じるタイ人が多いと分かった。ならば、在日タイ人と日本人が共に楽しめる場を作ろうと立ち上がることに。

【MC】SHELLY 【GUEST】マーティー・フリードマン

番組HP

3/28(TUE) TOKYO FM 午後8時00分~『TOKYO FM WORLD』にSoi48が出演します。




Soi48がTOKYO FM『TOKYO FM WORLD』に出演します。Soi48の活動、なぜタイなのか?タイ音楽の裏話などをケリー隆介さん、アンジー・リーさんとトークします。TOKYO FM初?!モーラムをプレイ予定。そして一足先に、EM RECORDSから発売予定のあの曲も流れるかも?!radikoでも聞けますので是非チェックしてみてください。Trip to Isan!!

(以下公式インフォ転載)

『TOKYO FM WORLD』
3月28日(火)午後8時00分~ 午後8時55分
【PERSONALITIES】
ケリー隆介、アンジー・リー

番組HP

東京FM HP

4/1(SAT) NHK総合 午後10時20分~午後10時50分『海外出張オトモシマス!』にSoi48が出演します。

Soi48がNHKの旅番組『海外出張オトモシマス!』に出演します。普段Soi48がどのような旅を楽しんでいるのか?その一部分をNHKさんが番組にしてくれました。バンコク、イサーンでのレコ掘り現場からミュージシャンのライブ風景まで濃厚に撮影しています。是非チェックしてみてください。Trip to Isan!!



(以下公式インフォ転載)
『海外出張オトモシマス!』
4月1日(土)午後10時20分~ 午後10時50分
「タイの田舎で珍品!?レコード探し」

海外出張の達人にオトモし、マニアックな旅の極意を楽しむ新感覚の紀行バラエティ「海外出張オトモシマス!」。今回の達人は、ディープなタイ音楽を発掘し、その魅力を雑誌などで発信しているDJユニット・Soi48(宇都木景一&高木紳介)。60年代、70年代にヒットしたタイ音楽のビンテージ・レコードを求めて、東北部の農村へ。行き当たりばったりの出張は、爆笑珍道中。ファンキーすぎる祭りやタイの屋台グルメも登場!

【出演】又吉直樹,はるな愛,【語り】リリー・フランキー

番組HP

2017/03/16

旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN

ついにSoi48が本を出版します!タイトルは『TRIP TO ISAN : 旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド』。今までDJ、トークショー、映画祭、タイ音楽の公式再発など様々な活動をしてきましたが、タイ音楽をみんなに聞いて欲しい、もっと知って楽しんで欲しいという僕らの思いが形になりました。インターネットやSNSを駆使すればわざわざ現地に行かなくてもレコードやカセットが手に入る時代になぜ僕らは旅にこだわったのか?そして旅先で出会ったモーラム歌手、ルークトゥン歌手、レコード・コレクター、タクシー運転手との交流について書いています。旅の写真から貴重な70-80年代の写真も数多く掲載しているので音楽マニアだけでなく、タイ、イサーンの文化に興味を持った人が楽しめる内容になっています。ただでさえ楽しいのに知識を得るとより中毒になるタイ音楽。発売日は4月8日。皆様是非チェックしてみてください。



旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN 

2017年4月8日発売
単行本: B5変形/380ページ(予定)/並製/オールカラー
出版社: DU BOOKS
言語: 日本語
ISBN-10: 4866470127
ISBN-13: 978-4866470122
発売日: 2017/4/8


(以下公式インフォ転載)
祝・空族、富田克也監督最新作『バンコクナイツ』公開記念! !
約5年間の取材期間を通じて収集したタイ音楽のレコード/CDを約700枚掲載したガイドブック。

単に盤を羅列したレコードマニア向けの書籍ではなく、「旅+レコード+現地での出会い」を想起させる写真を多数掲載。
更に、60年代から活躍する現地アーティストやタイ音楽をリイシューしている世界各国のレーベルオーナーなどへのインビューを掲載し、
「タイ音楽の魅力とは何か?」を多角的に感じることができる1冊です。

<主な内容>
初心者でもわかる詳細な歴史&用語解説
7インチシングル500枚、12インチ100枚、タイ現地盤100枚をオールカラーで紹介
レコード発掘コラム
観光ガイドには載らない旅コラム(食べ物、カルチャー)
空族、江村幸紀(エムレコード)、マーク・ジャーギス&アラン・ビショップ(SUBLIME FREQUENCIES)によるコラムも収録

目次
まえがき 旅の初めに
■イサーンについて
・なぜイサーン?/・イサーンの風土と文化/・イサーンの歴史と成り立ち/・アヌウォン王の悲劇と分断されたラオス人/・古のラーオ文化を残す都市 ウボンラーチャターニー
■タイ・イサーンの音楽
■タイ・イサーン音楽のジャンル
・ラムウォン
・レー
・ルークトゥン
・ルークトゥン成立の流れと概要 文・江村幸紀
・モーラム

◎チャウィーワン・ダムヌーン
チャウィーワン・ダムヌーン・インタビュー

◎トーンカム・ペンディー
コラム「史上最高の男性モーラム トーンカム・ペンディー」

◎テープパブット・サティロードチョンプー
テープパブット・サティロードチョンプー・インタビュー 
◎バーンイエン・ラーケン
◎サックサヤーム・ペットチョムプー

◎ダオ・バンドン
ダオ・バンドン・インタビュー

◎テープポーン・ペットウボン
コラム「タイで最初に作られたモーラムのレコード」

◎アンカナーン・クンチャイ
アンカナーン・クンチャイ・インタビュー
アンカナーン・クンチャイ・ライヴ同行記

◎ポー・チャラードノーイ・ソンスーム
◎トーンミー・マーライ
◎クワンチャイ・カーラシン・ユックパッタナー楽団

◎モンルディー・プロムチャック
モンルディー・プロムチャック・インタビュー

◎ケーン・ダーラオ
コラム「ラム・クローンの達人 ケーン・ダーラオ」

コラム「Soi48のレコ掘り日記~バンコク編」

◎ペット・ピン・トーン楽団

ノッパドン・ドゥアンポーン&ナコーン・ポンパープ・インタビュー

コラム「イサーン音楽にまとわりつかれて」「お前スラポン聞いたのか?」文・江村幸紀

コラム「伝説の楽団 チュラーラット」

◎ポーン・ピロム/パノム・ノッポーン 他
◎チャーイ・ムアンシン
◎スアン・サンティ
◎ブッパー・サーイチョン

コラム「歌舞伎町で夢見るイサーン」文・俚謡山脈

◎ワイポット・ペットスパン
◎クワンチット・シープラチャン
◎プルーン・プロムデーン
◎サマイ・オーンウォン

コラム「Soi48のレコ掘り日記~イサーン編」

◎スリン・パークシリ
スリン・パークシリ・インタビュー

◎パイリン・ポーンピブーン

◎ソンタヤー・カーラシン
ソンタヤー・カーラシン・インタビュー

スペシャル・インタビュー「モーラムに魅せられたアメリカ人」
マーク・ジャーギス&アラン・ビショップ(サブライム・フリークェンシーズ)

◎ドイ・インタノン
ドイ・インタノン・インタビュー

◎ホントーン・ダーオウドン
ホントーン・ダーオウドン・インタビュー

◎スパープ・ダーオドゥアンデン
スパープ・ダーオドゥアンデン・インタビュー

◎バーンイェン・シーウォンサー
バーンイエン・シーウォンサー・インタビュー

◎ソーンペット・ピンヨー

◎スントーン・チャイルンルアン
ラートリー・シーウィーライ・インタビュー

コラム「踊るアジア『バンコクナイツ』」文・空族

コラム「電気ピンの発明とピン・プラユック」

■その他の重要アーティスト達
◎ソーンキーリー・シープラチュアッブ
◎シープライ・チャイプラ
◎クワンチャイ・ペットローイエッド
◎カーワオ・シアントーン
◎オーンウマ―・シンシリ
◎ピムチャイ・ペットパラーンチャイ
◎ソッシー・プロムセークサン
◎サーヤン・サンヤー
◎ローム・シータムマラート   他

■レーベル図解
コラム「Soi48のレコ掘り日記~アジアのレコード屋のこれから」

コラム「タイ音楽がタイ以外の国でどう紹介されてきたか?」

タイ語逆引き索引
あとがき

2017/03/15

3/15(MON) 『バンコクナイツ』トークイベント ~サントラ発売記念イサーン音楽を語る~@テアトル新宿

現在絶賛上映中の映画『バンコクナイツ』トークイベントに参加します。Soi48は3月20日(月・祝)19:20の回の上映後に『バンコクナイツ』サントラ発売を記念してイサーン音楽について富田克也(監督)、相澤虎之助(共同脚本)と語ります。ご来場お待ちしております。



【日時・ゲスト】
●3月16日(木)19:20の回(上映後)トーク
登壇者:NORIKIYO(ラッパー)、富田克也(監督)、相澤虎之助(共同脚本)

●3月18日(土)19:20の回(上映後)ティーチイン、Q&A
登壇者:富田克也(監督)、相澤虎之助(共同脚本)

●3月19日(日)19:20の回(上映後)ティーチイン、Q&A
登壇者:富田克也(監督)、相澤虎之助(共同脚本)

●3月20日(月・祝)19:20の回(上映後)
★サントラ発売記念~イサーン音楽を語る~★
登壇者:soi48(宇都木景一&高木紳介)、富田克也(監督)、相澤虎之助(共同脚本)

●3月21日(火)19:20の回(上映後)トーク
登壇者:都築響一(編集者)、富田克也(監督)、相澤虎之助(共同脚本)

●3月22日(水)19:20の回(上映後)トーク
登壇者:岡映里(作家)、富田克也(監督)、相澤虎之助(共同脚本)

2017/03/07

受注開始しました。『TRIP TO ISAN : 旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド』販売店募集!




4月発売のSoi48が執筆、監修を手がけた『TRIP TO ISAN : 旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド』を取り扱い、販売してくれる、書店、CD/レコードショップ、タイ料理店、カフェ、WEBストアなどショップ、小売店さんを募集しております。なんと初回オーダーには限定特典として、Soi48 によるオリジナルMIX CD がついてきます!
興味持っていただいたショップ、個人店さまは下記DU BOOKSまでお問い合わせください。よろしくお願いします。

DU BOOKS
e-mail: dubooks@diskunion.co.jp
tel: 03-3511-2722
fax: 03-3511-9941

商品ページ: http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK167

2017/02/11

2/12(SUN) サムート・タイ:未完の歴史たち | TPAM2017


バンコクを拠点にアジアとヨーロッパで多くのプロジェクトを手がけるコンテンポラリー・パフォーマンスおよび美術の分野で活動するインディペンデントのカルチュラル・ワーカー、タン・フクエン ディレクションのプログラム「サムート・タイ:未完の歴史たち」のオープニング・パーティーに出演します。2/12 20:00〜BankART Studio NYK 3F 3B & 3C Galleriesにてイベント最後までDJ。タン・フクエンの要望でモーラム、イサーンの音楽を中心にプレイします。会場で会いましょう!

サムート・タイ:未完の歴史たち
テンタクルズ、タイキ・サクピシット、ピチェ・クランチェン、他


過渡期にあるタイの複雑な状況を見つめる2日間のアトリエ。この王国における「帰属」の諸歴史について、様々な芸術分野からの表明を紹介。「サムート」は「記録」、または書くことや共存を求めることの様々な形を包含する流動的な空間を意味する。途中入退場自由。

パフォーマンス・インスタレーション
* Pichet Klunchun『Open Studio: No. 60』(2.12のみ)
* Pradit Prasartthong『Len Likay Play of My Life』(2.13のみ)
* Henryandpartners × Tentacles『AnonymÆssage』
* Sun Phitthaya Phaefuang『SUNYA』
* Liam Morgan『98.5% of this light has been blocked』『Ngan Wat #1: 112 Red and Yellow Tubes』
* Pisitakun Kuantalaeng『ImpossibKK Dream』『Black Country』
* Party with DJ Soi48(2.12のみ)
上映
* Taiki Sakpisit(タイトル後日発表)
* Wantanee Siripattananuntakul『Everyone is…』『Ja, Ja, Ja, Ne, Ne, Ne』
* Piyarat Piyapongwiwat『Mute Conversations』
* Waraluck Hiransrettawat (共同監督 David Reeve)『Y/our Music』

2016/11/10

11/13(SUN) ワイワイパーティー 〜タイ音楽スペシャル〜@甲府juju

1113日甲府空族祭のアフターパーティーを兼ねたワイワイパーティーでDJします! Stillichimiyaはじめ空族、JRPのメンバーが勢ぞろい!バンコクナイツでフォーカスされているモーラム、イサーン音楽はもちろんアジアの音楽を沢山プレイしたいと思います。月曜日の仕事のことは忘れて『バンコクナイツ』後は朝まで騒ぎましょう~!



ワイワイパーティー ~タイ音楽スペシャル~
甲府juju
Open 10pm~
Door 1500yen 1D

DJ
Soi48
Young-G
Big Ben
Pharaoh
etc……



甲府空族祭り 空族最新作『バンコクナイツ』桜座先行上映

1112日(土)、1113日(日)甲府桜座にて『バンコクナイツ』山梨先行上映決定!
加えて、空族の映画製作の原点でもある作品、フランシス・コッポラ監督『地獄の黙示録』(1979)を特別上映。
また各回上映後には、空族に馴染みの深いミュージシャンらによるライブ開催!
『バンコクナイツ』にスタッフとして本格的に参加した山梨が産んだヒップホップクルー、stillichimiya の特別ラ イブに加えて、『国道20号線』のエンディングテーマを演奏した LFB、『バンコクナイツ』でも多数の楽曲が採用され ているスリ・ヤムヒ・アンド・ザ・バビロン・バンドも出演。最終夜はstillichimiyaを中心とする<J.R.P.スペシャルセッション>もあり。

全回、空族富田克也、相澤虎之助によるトーク有り
各回定員:前売り70 / 当日10名。各回入替制。
第二部の映画終了後、新宿行き最終のJR特急あずさ21:09発に間に合います。
椅子をご用意します。
スケジュール
1112日(土)
第一部
1100開場 / 1200~『地獄の黙示録』上映(147分)
ライブ:LFB
第二部
1630開場 / 1700~『バンコクナイツ』上映(182分)
ライブ:stillichimiya feat. Crazy Knife

1113日(日)
第一部
1100開場 / 1130~『バンコクナイツ』上映(182分)
ライブ:スリ・ヤムヒ・アンド・ザ・バビロン・バンド
第二部
1630開場 / 1700~『バンコクナイツ』上映(182分)
ライブ:J.R.P.スペシャルセッション

入場料
『バンコクナイツ』:2,500
『地獄の黙示録』:1,500
『地獄の黙示録』+『バンコクナイツ』通し券: 3,500
すべてドリンク代別

開催場所
桜座 山梨県甲府市中央1
Tel:055-233-2031